秋田で高気密・高断熱・高性能な注文住宅を建築しています

HOME > ブログ

ブログ
Stuff Blog

  • 「令和2年度 秋田市多世帯同居・近居推進事業」として、 「秋田市では、多世帯家族の同居または近隣に居住することにより家族の絆を強め、子育てや高齢者世帯が安心して暮らせる環境づくりを目的に、同居または近居を望む方の住環境整備を推進します。」としております。 事業内容としては、以下となっております。 (1)多世帯同居の場合~補助額 ①市内在住者による同居 ~対象工事費の2分の1で上限額50万円 ②市外からの移住による同居又は市内在住者のうち子育て世帯(18才以下の子がいる世帯)による同居 ~対象工事費の2分の1で上限額100万円   (2)近居の...

    続きを読む

     

  • 秋田市では、「令和2年度秋田市住宅リフォーム支援事業」として、 住宅の増改築・リフォーム工事に5万円補助します。 注:中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、10万円補助します。 詳しくは「令和2年度秋田市住宅リフォーム支援事業リーフレット」をご覧ください。 注:自然災害による住宅被害の復旧工事にも住宅リフォーム支援事業をご利用できます(申請には、市で発行する被害証明書が必要です)。 既存住宅の居住環境の質の向上および建設業をはじめとした関連業界への経済波及効果を図るため、市民が行う住宅の増改築やリフォーム工事に対し、5万円(注:中心市街地...

    続きを読む

     

  • 「令和2年度住宅リフォーム推進事業」として、秋田県では以下の補助金事業を行っております。 事業内容としては、以下となっております。 住宅リフォーム推進事業 1、子育て世帯へのリフォーム支援(継続) 持ち家型~補助対象工事費の 20% 最大40万円。 中古住宅購入型~補助対象工事費の 30% 最大60万円 を補助します。 2、県外からの移住・定住世帯へのリフォーム支援(拡充) 定着回帰型(New!!)~補助対象工事費の 20% 最大40万円 を補助します。 中古住宅購入型~補助対象工事費の 30% 最大60万円 と、補助対象調査費の 30% 最大1...

    続きを読む

     

  • 足利建築のハウズ アカウントページにおいても、沢山のアイデアブックを作成していて、 今回「雑貨、プレート類~自分が使用したい物」アイデアブック ページを更新しました。 色々なジャンル分けで参考にしていただけるようにしていますので、 ぜひ、足利建築のハウズ アカウントページ内にある、「アイデアブック」ページをご覧になってみてください。   下記のサイト(ハウズ/houzz)に、高性能・高気密・高断熱・高効率換気・快適な住まい(家)、足利建築の「雑貨、小物類など~自分が使用している物」アイデアブック公開中ですので、ぜひご覧ください。 ...

    続きを読む

     

  • 昭和初期の桐たんすを外干ししてます。 住居の解体の際などに、家具なども一緒に解体処分する事はとても一般的なことですが、 ごくまれに、とても貴重な箪笥や室内の建具などが、一緒に処分されてしまっているのをよく見かけることがございます。 特に建具などは、あたり前のように壊され処分されてしまうことがございますが、 私の場合は、リフォームや新築時にもそのまま使用したり、 建具に塗装などを再度施してあげるなどして、再度使用していただけるようご提案をさせていただくことがございます。 下記は、捨てられる寸前だった、昭和初期の桐箪笥です。 解体前まで、実際に使用され...

    続きを読む

     

  • 今月の7月25日に、岩手県の山田町にお伺いしてまいりました。 おおよそ2ヶ月か3ヶ月ごとには、岩手県の雫石町にあります「まるみハウジング」さんとはお会いしているのですが、 今回は、足利建築の他2社の、住宅を手掛けておりますビルダー仲間と共に、山田町の「株式会社 上林建設」さんにお伺いしての開催となりました。 今回、メインになったお話は、6,7年前より普及し始めております「全館空調(ダクト式のエアコンを使用して、住宅(家)全体を冷暖房する方式が主にそう呼ばれております)」についての、「快適性」、「メンテナンス性」、「お客様にとって、本当に採用する必要があるものなのか」、「採用す...

    続きを読む

     

  • モルタル外壁修繕工事が完了しました。 風害等にて冬期間養生を行っておりました、モルタル外壁の修繕工事が完了致しました。 モルタル外壁のクラック(ヒビ)からの雨水の侵入や、 モルタル外壁を施工すために施されている木下地とモルタル壁下地の劣化により、 風害をうけてしまい修理が必要となっておりましたが、 無事工事が完了致しました。   窯業系の外壁材や、モルタル塗りの外壁に関わらず、どのような外壁材にも必ずメンテナンスが必要となりますので、 日頃から、住まい(家)の点検をしていただける方がいらっしゃれば安心ですので、 住まい(家)に何か変化...

    続きを読む

     

  • 足利建築のハウズ アカウントページにおいても、沢山のアイデアブックを作成していて、 今回「雑貨、プレート類~自分が使用したい物」アイデアブック ページを更新しました。 色々なジャンル分けで参考にしていただけるようにしていますので、 ぜひ、足利建築のハウズ アカウントページ内にある、「アイデアブック」ページをご覧になってみてください。   下記のサイト(ハウズ/houzz)に、高性能・高気密・高断熱・高効率換気・快適な住まい(家)、足利建築の「雑貨、プレート類~自分が使用したい物」アイデアブック公開中ですので、ぜひご覧ください。 ...

    続きを読む

     

  • 秋田市 御所野にあります、タカラ秋田ショールームにて、「2019 タカラフェア in秋田」が開催されます。 開催期間中は、ショールーム内において、タカラスタンダード製品 最新の水まわり機器を展示しておりますので、 住まい(家)の新築・リフォームへのご参考になればと思っておりまので、皆様お気軽にお越しください。 開催地のショールームへお越しの際には、ぜひ下記の案内チラシをご印刷の上お持ちください。 御施主様用に、ご来場記念品をご用意いたしております(数に限りがあります)。 以下 イベント案内用チラシとなります。 日時:平成31年4月19日(金)...

    続きを読む

     

  • 「火災警報器」点検のお願いとメンテナンス方法のご案内 2006年6月1日より、住宅用火災警報器の設置が義務付けをされておりますが、 設置の義務化がはじまりましてから「12年」が過ぎております。 現在、お客様にご使用いただいております「火災警報器」におかれましても、設置後、約10年が交換の目安となっておりますので、 火災警報器の電池切れなどにて「火災を感知できない」など、 警報器の動作に異常がおきないように点検をお願いするご案内です。 火災警報器の動作を確認する方法は、火災警報器の本体にあります「テスト/音を止める」などの表示があります「プッシュボタンを押す」こと...

    続きを読む

     

Back to top